【LINE漫画】ライン漫画のアプリが無料なのにこんなに種類あっていいの?無料がすごいこのアプリを徹底検証

LINE漫画とはどんなアプリ?

日本でも有数で皆さんご存じのLINE社が運営するアプリ。これが便利なところは 『LINEマンガ』のアプリをダウンロードしなくても、いつも使っているLINEアプリの中で直接マンガが読めるので、LINEアプリが入っていればすぐにでも使えちゃうところ。

LINE漫画では無料で漫画が読めるのですが、LINE独自の手法があり、これが支持されている要因何ではないかと思います。

  • 毎日ケットがなくても、無料で連載が読めちゃう。
  • 無料なのに、単行本も1~3巻まで読めちゃう。
  • 貯めたコインで、有料漫画も読めちゃいます。

何で無料なの?

ここで大きな疑問が出てきますね。何で無料やねん!!怒るところではありませんが、不思議に思いませんか?

LINE漫画を見てみると、ワンピースやブリーチなど大人気漫画がまでもが無料で公開されています。これ無料って買った人ばかばかしくなるじゃん!

でもご安心あれ、まず勘違いしてほしくないのは、さすがに全部無料のわけではなく、当然有料のものもあるということ。そりゃそうだようね。

大体の作品は1~3巻ほどを無料で読ませて、続きは買ってくださいというパターン。気になるところまで読ませて、そっから有料に引っ張るわけ。

なので、餌を撒き籠に入りそうになった時に、ぱかっとやられるわけです。だからまんまと作戦にはまるもよし!自制して3巻までしか読まないのもよしなのです。

広告費用削減を無料分に回してる

これはMLMの仕組みのようなものでしょうか?

人を雇う代わりに無料というところに投資し、人件費が浮いた分を無料の広告費に充てているわけです。

普通売上を上げるにはその本を売り込んでいかないといけませんね。

媒体への広告宣伝費、そこにかかる人件費、デザイン費用など、大きな媒体になればなるほど莫大なお金がかかります。

なので、そんなにお金をかけるくらいなら、無料で漫画をちょこっとだけ読めるようにし、それを宣伝広告費や人件費代わりに使うわけです。こっちのほうが実際に効率は良いと思います。

「無料」というのはめっちゃ惹かれる魔法の言葉ですからね。みんな無料って言葉には目がないぜ。

LINE漫画をいつも利用していると、こういう無料連載が気になってきますね。

例えば、映画化が決まった作品、アニメ化が決まった作品などがプロモーションを兼ねて無料で提供されることがよくあります。

出版社としては無料でプロモーションすることでLINEが抱える200万人以上のユーザーに作品を知ってもらうことができるわけですから。

LINE漫画としても有名作品が無料で提供されればユーザー満足に繋がるので、3者にとってメリットがあるというわけです。

こんな感じで無料の理由はご理解いただけたと思います。

めちゃくちゃ種類が豊富

INEマンガの魅力はなんといっても作品数の多さと言っても過言ではないでしょう。250社以上の出版社やレーベルから25万点のマンガ以上を配信しており、週刊誌で連載中の最新作までもが読めちゃいます。

しかも2018年秋に、縦スクロール型のオリジナル作品が人気だったマンガアプリ「XOY」との統合もおこなわれ、より多くの作品が楽しめるようになり、マンモス漫画アプリがここに誕生したわけです。

これだけ種類が多いのに、なんとLNEマンガでしか読めないものがあるのも大きな魅力。オリジナル作品には大きく分けて2つのタイプがあります。1つはLINEマンガの公式として連載をしている作品。「XOY」にあった作品もこの扱いになっています。

もう1つのオリジナル作品は「インディーズ」という枠にあります。こちらにはユーザーが自由に投稿できるようになっていて、制限なく読み放題です!

誰でも投稿はできますが、ランキングがあり、ランク上位の方々の作品は非常に読み応えありなのに完全無料なんです。これ凄いですよね。

昔は漫画と言えば紙しかなく、無料なんて考えられなかったのに本当に便利な世の中になりました。

そのうち紙媒体の漫画自体がなくなる世の中もそう遠くはないかもしれませんが、それもそれでさみしい感じはしますね。

単行本を買い集める楽しさは、コレクション好きの男子にとってはまた違った楽しさがありましたよね。

そんな紙媒体も忘れず、是非ライン漫画も楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です